Vue VueRouter編 -最終章- ~ありがとうVue.js~

ナビゲーションガード

遷移を操作するためのフックのこと。 遷移を中断させたりタイミングを操作する。

ナビゲーションガードの引数
next()関数が重要。
遷移をさせない時にはnext(false)にする。
複数のフックを併用できるが、それぞれのフックで解決した後に遷移する。

ルート単位のガード
ルート単位のナビゲーションガードは 各ルート単位のオプションに定義する。
パラメータ確認などに使用。

グローバルのガード
すべてのルートに対してフックを呼び出すには
ルートインスタンスを使ってグローバルに登録する。
認証処理などに使用。

コンポーネントのガード
初期データを非同期に読み込んだ後に遷移させる場合に使用。

最後のまとめ!

1.VueRouterはルーティング用のライブラリ
2.ページはコンポーネントで作成!

次回!

今後は「基礎から学ぶ Vue.js」を読んだことから開発を行っていきます!
開発している中で重要だと思ったことや学んだこと、
うまく説明できなかった部分を載せていきます。

開発アプリケーションは公開する予定です! ではまた!

参照文献

基礎から学ぶ Vue.js
https://www.amazon.co.jp/基礎から学ぶ-Vue-js-mio/dp/4863542453/