前澤さんのお年玉企画の考察しました。

前澤さんの100万円企画とは

株式会社ZOZOの前代表取締役前澤友作さんが
Twitterでフォローし、ツイートした内容をリツイートすることで応募資格が得られ、
その応募資格を持ったユーザーから無作為に選ばれた
ユーザーに100万円をプレゼントするという企画です。

なぜ注目されるのか

ベーシックインカムに近い

2020年のお年玉企画は当選者が完全に無作為に選ばれると発表されており、
ベーシックインカムに近いものだと言われています。

ベーシックインカムとは
最低所得保障とも言われており、人物を問わずに生活最低限の現金を支給します。
導入実験をしている国々もあり、生活の質の向上や、犯罪率の低下などの効果もみられています。

つまり、今回のお年玉企画は当選者の生活の向上、ないし地域の全体の発展の可能性があるというわけです。
また今までのベーシックインカムでは継続的に支給されていますが、今回は一度に大金を渡すので その効果が良くも悪くも大きく違う可能性まであります。

サービスとして

サービスという言葉には人のために活動をするという意味があります。
では、お金をプレゼントするということは、もらう側はどう思うのでしょうか?。

私はバーニングマンというイベントを聞いたことがあります。
バーニングマンは約1週間ほどのイベントでお金を使わず、物々交換などもありません。 ただ、それぞれが与え合うことで成り立ちます。
ですが、そのバーニングマンの本質的な意味は、人に尽くすことによって
相手に何かを還元したいという「恩返し」の気持ちが出てきます。

つまり、その恩返しという、人の気持ちで成り立つイベントです。

ではこのお年玉企画でお金を貰った側はどう考えるのでしょうか。
人はそこから必ず感謝の念が生まれ、上手く活用したいと考えて、
前澤さんや社会に恩返しがしたいと思うでしょう。
そしてその恩返しという言葉が「人のために活動をする」サービスという名前に変化して 新たなサービスが始まると考えました。

私はサービスは人の気持ちで成り立ち、そして新たなサービスを生んでいくものだと思いました。

最後に

私はこの記事を書いている内にあることに気がつきました。
最初はこのお年玉企画を一種の投資という意味で行なっているのかと思っていましたがそれは違いました。

ただ前澤友作さんという方がたくさんの人を喜ばせたい、楽しませたいという気持ちで行なっていると思いました。
なので、私もこれからたくさんの人を笑顔にできる人生にしていきたいと思います。

事業ドメインとは ~3本の柱~

事業ドメインとは

事業ドメインとは事業の範囲のことを指します。
そしてその事業ドメイン3つの観点から考えます。
1.顧客軸
2.製品・技術軸
3.機能軸

1.顧客軸
どのような人に提供するのか。

2.製品・技術軸
どうやって提供するのか。

3.機能軸
何を提供するのか。

これらの3つの軸から事業の範囲を考えます。

qiitaもチェック!

qiita.com 最近、エンジニアブログで有名なqiitaを始めました。 こちらもご覧いただけたらと思います。

SWOT分析とVRIO分析って何?

SWOT分析とは

自分の事業の強みと弱みを分析するための手法です。
・Strength
・Weakness
・Opportunity
・Threat
この4つの要素からSWOT分析と呼ばれています。

Strength
事業の強みを指します。

Weakness
事業の弱みを指します。

Opportunity
事業のチャンスとなる世の中の状況を指します。

Threat
事業のピンチになる脅威を指します。

VRIO分析とは

会社の技術などの価値が有効に使われているか、
つまり、ベストパフォーマンスが行われているかを分析します。

Value
・Rarity
・Organization
・Imitability

Value
自社の経営資源経済的価値はあるのかを指します。

Rarity
業界内での経営資源希少性を指します。

Organization
経営資源を活かせる組織があるのかを指します。

Imitability
他者に真似されにくいかの模倣可能性を指します。

qiitaもチェック!

qiita.com 最近、エンジニアブログで有名なqiitaを始めました。 こちらもご覧いただけたらと思います。

PEST分析とは?

経営戦略とは

経営戦略とは4つの要素がある。
そしてこの要素をPEST分析と呼ばれる。
1.Politics 政治
2.Economy 経済
3.Society 経済
4.Technology 技術
これらの4つの観点で分析することをPEST分析と言います。

Politics 政治

法律の改正や消費税の変化など
政府の方針や法案による影響のことを指す。

例でいうと携帯電話の料金の見直しなど!

Economy 経済

景気や物価などを指し、
消費者の所得なども含まれます!

Society 経済

人口の増減だったり、ライフスタイルの変化などを指していて、
価値観を指しているイメージ!

Technology 技術

技術はイメージがつきやすいと思いますが、IT技術であったり
今の技術で何ができて何ができないのがを分析します!

qiitaもチェック!

qiita.com 最近、エンジニアブログで有名なqiitaを始めました。 こちらもご覧いただけたらと思います。

起業に必要なもの

起業に必要なもの

起業に必要なものは4つあります。
そこでその4つを参考文献をもとにざっくりと説明したいと思います。

このひとは人脈のことです。
これは取引先であったり、顧客のことを指して
スタートした時に順調に物事が進められるのか。
それがこの人脈でほぼ決まります。
また、同業者であったり情報を共有できる信頼できる人脈も重要です。

オフィスや店舗など、事業を運営する上で欠かせない物を指しています。
またこれには機材なども含まれます。
これが準備できないと事業を始めることができず、
違う事業や方法などを考える必要があります。

これは資金を指しています。
従業員を雇う必要がある場合や、初期の運営などには資金が欠かせません。
足りない場合は融資を受けることもできます。
またクラウドファンティングなどを行う方法などもあります。

技術

専門知識や資格などを指します。
行う事業内容によっては資格がないと認可が降りずに始められません。
しかし、資格があることによって付加価値が得られる可能性もあります。

qiita始めました。

qiita.com 最近、エンジニアブログで有名なqiitaを始めました。 こちらもご覧いただけたらと思います。

Python 関数内関数 クロージャ

Python

関数内関数

def test():
  print('hello')

def run(func):
  func()
  print('run')

実行

hello
run

*args、**kwargsも組み合わせが可能。

def outer(a, b):
    def inner(c, d):
        return (c + d) * 10

    out = a + b
    in = inner(a, b)

    print("a =", a, ",", "b =", b, ",", " out =", outfunc, ",", "in =" ,infunc)

outer(1,2)
a = 1 , b = 2 ,  out = 3 , in = 30

複雑な処理を実行したい場合に利用できる。

def func(a, b):
    
         def sum():
             return a + b
    
         def differ():
             return a - b
func(2, 3) # -> (5, -1)

注意 内側の関数を呼び出そうとするとエラーが発生するので注意。

def sum(1,2) => error

クロージャとは

関数の外で作成されて、関数の外側で与えられた変数の値を記憶することができる関数。

def function(a):   

    def closure(b):
        return a + b
    return closure

test_closure = function(3)
print(test_closure(4)) # -> 7

クロージャは宣言するグローバル変数の削減に役立ちます。

a = 3

def none_clos(b):

    return a + b

test_none_clos = none_clos(4)
print(test_none_clos) # -> 7

参照

Pythonで関数内で関数の定義と呼び出しをする方法を解説 - Tech-boost-magazine

プロパティについて理解したのでまとめる - nametake-blog

@property pythonで自分で定義したオブジェクトから値を取得したり更新したり削除したりしたい時の 動作を定義することができる機能

pythonで自分で定義したオブジェクトから値をCRUDするときの動作を定義することができる

postgresql コマンド編 ~macのコマンド~

コマンド一覧

データベースに接続

psql -U ユーザー名 データベース名

データベースの作成

create database データベース名 -O ユーザー名

オプション -Oで作成するデータベースのownerを指定

データベース削除

drop database データベース名

データベース一覧

\l

データベース名変更

alter database データベース名 rename to 新データベース名

テーブル一覧

\dt [テーブル名]

テーブル詳細

\d [テーブル名]

テーブル名変更

ALTER TABLE 変えたいテーブル RENAME TO 新しいテーブル名;

データベースに接続をきる

\q

他のデータベースに接続を変更

\connect db_name

ユーザー一覧

\du

ユーザー作成

CREATE ROLE username LOGIN PASSWORD 'xxxxxxx';

ユーザー削除

dropuser ユーザー名

ユーザー名変更

ALTER TABLE ユーザー名 RENAME TO 新ユーザー名;

ユーザーにパスワードを付与

\password username